小川 聖市

 チンピラたちをかわした阿恵と春嬌は、安堵の表情を浮かべます。気を取り直して、もう一度街を歩き回っていたら、春嬌が農夫たちとぶつかってしまいます。その時、チョウの形をしたブローチが落ち、阿恵が拾い上げますが、どこかで見たことがある形から記憶の糸をたどります。  ブローチは自分の家で見掛けたもの ..

  • 5 ビュー
  • 0 コメント
大浦 智子

 サッカーW杯でブラジルが負けたのに前後して、サンパウロのメトロで一つの変化が起こりました。サッカーでの敗北を慰めるかのように、どこからともなくヒーリング音楽のようなメロディーが流れてきます。  駅構内をはじめ、メトロの車両の中でも流れてくる環境音楽。サンパウロのメトロでは、演奏家がよく演奏し ..

  • 4 ビュー
  • 0 コメント
青柳 みちよ

 ここ数年の間に、タイと日本を結ぶ飛行機の路線はずいぶんと増えました。 新千歳空港へも直行便が飛んでいるし、東京行きも本数が増えています。すごい勢いで日本とのつながりが増しているという実感です。 ..

  • 12 ビュー
  • 0 コメント
小川 聖市

 1961年の台北を散策する阿恵と春嬌。その道中、偶然出会った男子校の生徒志明と仲良くなり、3人で行動するようになりました。その過程で、春嬌と志明は段々「いい感じ」になっていきいますが、町中で3人組のチンピラにからまれてしまいます。 ..

  • 74 ビュー
  • 0 コメント
うえの ともこ

 韓国料理店の看板に「フィッシュパンケーキ」と書かれた「たい焼き」らしきものが目に飛び込んできました。韓国では「ふな焼き」と呼ぶそうですが、その「ふな焼き」が韓国からネパールにやってきたのです! ..

  • 21 ビュー
  • 0 コメント
カオル フリードリヒス

 少子化を語るとき、オランダという国は、日本の九州ほどしか面積がない小国のため、基本的に比較にはならないかもしれません。しかし、少子化の傾向は日々の生活の中で、実際に感じることはできます。例えば、「ミレニアム世代」と呼ばれ、オランダの景気が良かった1990年代後半から2000年前半にかけては、一種の ..

  • 18 ビュー
  • 0 コメント
青柳 みちよ

 最近バンコクで見掛ける「米ぬか酵素風呂」。砂風呂と同じように、米ぬかの中に身体を横たえて入るタイプのお風呂のことだそうで、免疫力アップ、美肌効果、ダイエット効果などが期待できるのだとか。バンコク在住日本人の間でも人気が出始めています。 ..

  • 18 ビュー
  • 0 コメント
龍崎 節子

 私が東京にいた10年前、通勤電車内にベビーカーで乗り込んだり、レストランなど公共の場で子どもが泣き出したりすると、周囲からの冷たい視線を感じました。ここ数年、それがとてもつらく、厳しいものになったと子育てをしている友人からよく聞きます。  ベビーカーで階段を上ろうとしても誰も助けてくれないの ..

  • 22 ビュー
  • 0 コメント
田渕和恵

 フランスは今、ワールドカップで盛り上がっています。7月11日はベルギーとの準決勝。トゥルーズ在住のブルキナファソ人ミュージシャン、ママドゥとサッカー観戦してきました。 ..

  • 12 ビュー
  • 0 コメント
小川 聖市

 卒業式が始まり、3年生の担任の先生が入場し、国家斉唱後、楊世瑞校長をはじめ来賓のあいさつが行われました。北一女の場合、この部分は比較的短いので、だらっとするような雰囲気がないまま式に入っていけるのがいいです。 ..

  • 221 ビュー
  • 0 コメント