台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2017.12

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

カラーガードのウオーミングアップ

カラーガードのウオーミングアップ

 前回はイベント全体の様子を紹介しましたが、今回はいつもお世話になっている台北市立中山女子高級中學(以下、中山女高)の様子を紹介します。

 中山女高は13:18からの登場ですが、9:50から開会式があるので、その前に会場に入り、マーチングバンドとカラーガードに分かれて準備していました。上の写真は昼休み時の様子ですが、食事を済ませ、準備に集中している状態でした。


いよいよ出番!

いよいよ出番!

 午後の部に入り、入場口で整列し、出番に備えます。


OG、1年生部員(手前側)も待機

OG、1年生部員(手前側)も待機

 演奏の披露中、端でOGと1年生部員が待機していて、楽器の片付けなどの補助を行うだけでなく、「みんなガンバレ! 先輩たちはここにいるからね!」と温かい声援を送っていました。


演奏も佳境に入ります

演奏も佳境に入ります

 前回紹介した学校と比べ、独創性にはやや欠けるものの、基本に忠実なオーソドックスなスタイルを貫いた演奏を見せていました。


終了後、指導員の講話を聞きます

終了後、指導員の講話を聞きます

 演奏が終了し、退場した後、こうして指導員からの講話に耳を傾け、次回に向けた反省を行いました。その後、部員全員と父兄、呉麗卿校長らと記念撮影し、閉会式を済ませ、チャーターしたバスで学校へ戻りました。

 午後の出番で、朝8時台から開会式用に制服に着替え、15:30終了の閉会式までの制服着用は大変だったと思いますが、しんどい表情や疲れた様子を全く見せなかったのは、「さすが高校生」という以外に言葉がありませんでした。

 今回も引率していた学校関係者の皆さま、特に父兄後援会の羅碧霞団長には、大変お世話になりました。
 この場を借りてお礼申し上げます。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives