日本

日本:東京

武藤 櫻子(むとう さくらこ)

職業…社長秘書、コピーライター
居住都市…東京都

前の月へ

2017.9

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 湿度でムシムシ、汗でべたべた、じっとりとした暑い日本の夏がやって来ます。でも、そんな暑さだからこそ一層おいしさを味わえるものを紹介したいと思います。それは、冷麺。蒲田にある元祖平壌冷麺という店に行ってきました。


澄んだスープはうま味が凝縮!

澄んだスープはうま味が凝縮!

 偶然前を通り掛かったのですが、おいしいオーラが店から出ていました。平日の夜8時頃だったんですが、席はほとんど埋まっていて人気店の様子。しばらく待って席に着くことができました。

 頼んだのはもちろん冷麺(800円)。辛さを選べるのですが、別辛といって辛味を別添えにしてもらいました。出てきた冷麺は、澄んだスープに、ツヤツヤの麺、牛肉やネギなどの具材が乗っています。

 まず、スープを飲んでみるとこんなに透き通ったスープなのに、ここまでうま味が凝縮しているとは、と驚きました。スープはちゃんと冷えていて、その冷たさとうま味が喉を滑り落ちていきます。麺は弾む食感。つるつるシコシコしていて喉越しが良かったです。


お店の中。サインもいっぱい飾ってあります

お店の中。サインもいっぱい飾ってあります

 しばらくはそのままのおいしさを楽しみ、途中で別に添えてもらった辛味のキムチを足し、最後は酢を入れてより辛サッパリとした味わいに。そのままでも十分おいしいですし、味を変えてもおいしく、冷涼感に包まれながらの満腹となりました。この季節にぴったり。


メニュー

メニュー

 冷麺の他にも豚の三枚肉の焼き肉(800円)や牛カルビ定食(980円)。さすが蒲田! 懐に優しい値段設定です。蒲田で飲み慣れてしまうと、他には戻れないだろうなと思ってしまいました。あ~思い出しただけでもまた行きたくなります。


お店の外観

お店の外観


レポーター「武藤 櫻子」の最近の記事

「日本」の他の記事

  • 178 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website